shop-logo bike
当店について お問い合わせ アクセスマップ 個人情報保護方針
 

服装

    上着
    • 腕・背中に余裕があり、上体の動かしやすい物を着る
    • 吸汗・速乾素材のアンダーシャツ等を着ると,冬は保温置効果があり,夏は汗で濡れてもすぐ乾くので,快適にすごせる
    パンツ
    • 脚の動かしやすいものをはく
    • すそは,ギヤにかみこまなれいように,ベルトでまとめるか,すぼまったものをはく
    • レーサーパンツ,パッド入りパンツをはくと,お尻が痛くなりにくい
    ヘルメット
    • 万が一の事故の時に頭を守るために,ヘルメットをかぶる
    • 前につばのあるキャップをヘルメットの下に被ると,雨のときつばが雨粒を遮ってくれて顔にかかりにくくなる
    手袋
    • 冬は,防寒とケガ防止のため,その他の季節は,ケガ防止のため使う
    • 手にぴったりした滑りにくいものを選ぶ.軍手は,滑りやすいので使わないほうがいい
    • 日焼け防止のUVカットの手袋もある
    • 底の硬めのものを使う
    • ビンディング式のペダルとシューズを使うと,ぺダリングがスムーズになる
    サングラス
    • ほこりよけのために使う
    • 色の濃いすぎないものがいい
    • 紫外線量でレンズの色の濃さが変化する調光レンズもある
    • 度付きのレンズを内側に取り付けるアタッチメントが用意されているモデルもある

冬の服装

 冬の服装の基本は,寒すぎず・暑すぎず,という事です。

 ところが,自転車で走る所は,平地ばかりではなく,上り坂があれば下り坂もあるわけで,平地にあわせると登りで暑くなるし,下りでは寒いという事になってしまいます。
 では,どうするか?
 こまめに脱いだり着たりで発熱を調整します。そのためには,厚手の物を着るのではなく,薄手の物を何枚か重ね着する事です。
 厚手の物を着てしまうと,細かな調節が出来ないので,脱ぐと寒いが着ていると暑いと行った状況になりかねませんし,脱いだものがかさばるので邪魔になってしまいます。  その点,薄手の物を重ね着しておくと,細かな調節がしやすく,脱いだものも,薄いので小さくたためて,邪魔になりません。

    アンダーシャツ(肌に直接触れる下着は重要なアイテムです)
    • 吸汗・速乾素材のアンダーシャツを着ることで,素肌に触れる部分が常に乾燥した状態が保て汗の蒸発により体温を奪われることがない
 
 

Follow us 
 
店長のサイクリング日記
店長のサイクリング日記(2005年以前)
CONTENTS

取扱メーカー
取扱パーツ
コース案内
特価ロードバイク
Online Shop
 
 
 
 
ABOUT US

当店について
個人情報保護方針
アクセスマップ
お問い合わせ
 
 
 
 
 
SERVICE

初心者講習
PowerMater体験
簡易Fitting
Bike Fitting
Shoes Fitting
試乗車
お試しサドル
メンテナンス料金
 
EVENT

日曜走行会
CyclingEvent
その他
 
 
 
 
 
 
LINKS

リオグランデ
ショッピング☆ガイド 買物案内
ez-HTML (Web Frontier)
LINK LIST
自転車遊び集団
「ASPHALT-KIDS」

当サイトのページ構成は随時変更しています,「ブックマーク」「お気に入り」等への登録はトップページでお願いします。