shop-logo

主な取扱い
メーカー
他にも取扱メーカーは多数ございます
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

メンテナンス
料金
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

シューズ
フィッティング
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

ポジション
フィッティング
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

お試しサドル
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

試乗車
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

my favorite bike

ASPHALT
-KIDS

リンク

How To 輪行

車体に傷が付かない輪行方法

輪行

画像クリックで拡大

自走では限られる行動範囲も、輪行して公共交通機関を使えば、飛躍的に広がります。折り畳み車以外の車種を使っての輪行は難しいイメージがありますが、実は非常に簡単です。
 これから説明する手順で分解・収納すれば簡単に短時間で終わります。  

 フレームとホイールを一つの袋(輪行袋)に入れるとフレームに傷が付く事を心配される方は、ホイールを別の袋(TIOGA WheelBag for2Wheel)に入れる事で傷付きを回避できます。

輪行袋はオーストリッチの「L-100」あるいは「SL-100」を使用する前提で説明します。

 どちらも広げればロードバイクが入れられる大きさになり、畳むとボトルケージに収まるように小さくなります。

 丈夫な袋に入れて運ぶ方が、袋も長持ちして安心できますが、輪行は手段であって目的ではありません。輪行して遠くへ出かけてサイクリングする事が目的です。

 サイクリング中は輪行袋は自転車に取り付けるなり、バッグに入れて背負うなりして持ち運ばなければいけません。

 持ち運びに便利なのは、出来るだけ小さく・軽い物です。

bag

画像クリックで拡大
bag

画像クリックで拡大

※輪行に必要な物

  • ホイールバッグ:TIOGA WheelBag for2Wheel
  • 輪行袋:オーストリッチの「L-100」あるいは「SL-100」
  • エンド金具:オーストリッチリアエンド金具
  • スプロケットカバー:オーストリッチMTB用(25T以上の大きなギヤ用)
  • ホイールバッグを畳んだ大きさはSL-100とほぼ同じ大きさです
bag

画像クリックで拡大

※袋を広げる

 輪行袋を広げると底にサドルと変速機のイラストが描いてあります。

 この位置に合わせて収納すれば、自転車の形と袋の形が一致してきれいに収まります。

 方向を間違えると袋に収まらなくなってしまいます。

bag

画像クリックで拡大

※倒立にした自転車を置く

 この時、輪行袋と自転車の方向は、ハンドルの下がサドルのイラストサドルの下は変速機のイラストになるように自転車を置きます。

 このように輪行袋を下に敷いて自転車を置くと、サドルやブレーキブラケットが汚れずに済みます。

 車体に取り付けたボトルは空にしておきます。

bike

画像クリックで拡大

※チェーンの位置をトップギヤにする

 後輪の脱着がやりやすいようにチェーンの位置をアウターギヤ(前の大きいギヤ)とトップギヤ(後ろの一番小さいギヤ)にする。

chain

画像クリックで拡大

※車輪を外す

  • 後輪を外してフリーカバーを被せ、クイックレバーを閉まる方向に倒す
  • スプロケットが25T以上ならMTB用のフリーカバーを使うと被せやすい
  • 前輪を外し、クイックレバーを閉まる方向に倒す
  • 外した、両輪は何かに立てかけておく
wheel

画像クリックで拡大

※車体を袋に入れる

  • リアエンドにはエンド金具を付けて、変速ワイヤーが地面に付かないように保護する
  • ショルダーベルトを取付ける
  • ショルダーベルトはボトムブラケットの前から回して、チェーンステイの間から出します
  • 輪行袋を引き上げて、被せていく。
  • ボトムブラケットの位置あたりに穴が開けてあるので、そこからショルダーベルトを外に出す
  • ショルダーベルトのもう一方をヘッドパイプ(フロントフォークの上)に巻き付ける。
  • 担いだときに、ブレーキワイヤーや変速ワイヤーと干渉しないように巻き付ける。
frame

画像クリックで拡大

※車輪も袋に入れる

 ヘルメットはストラップをでハンドルに引っかけておく。

frame_wheel

画像クリックで拡大

※できあがり

 輪行袋は担いで車輪袋は手で持つ。

bag

画像クリックで拡大
 この輪行袋は縦位置で使う(担ぐ)ように作られていますが、階段の上り下りは横位置で担いだ方が階段と干渉せず歩きやすくなります。

 特急列車・新幹線は最後部座席の後ろのスペースには横にしてやれば入れやすくなります。

 在来線の普通・快速列車の場合は縦にして、運転室後部か車掌室前部の手すりに縛り付けておきます。

 どちらの置き方でも、壁にもたれかけさせた方が安定するので、輪行袋に入れた状態で自立させない方が安定してくれます。

縦

画像クリックで拡大
横

画像クリックで拡大

お問い合わせ こちらのフォームからお願いします。
店舗インフォメーション
所在地
神戸市垂水区神陵台8-1-8
営業時間
平日
12:00〜21:00
土・日・祝 12:00〜19:00
定休日
毎週木曜日
(イベント等で臨時休業あり)
TEL
078-787-2236
お車
第二神明道路大蔵谷I.C.より5分
第二神明道路北線長坂I.C.より5分
阪神高速北神戸線前開I.C.より10分
一台分駐車スペースあります

電車・バス
JR朝霧駅より
神陵台バス停下車

店舗周辺地図
mail_20.jpg(753 byte) お問い合わせ

初心者講習
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

コース紹介
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

How To
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

特価車
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)

中古車
ご不明の点は
お問い合わせ下さい
mail_20.jpg(753 byte)


当サイトのページ構成は随時変更しています,「ブックマーク」「お気に入り」等への登録はトップページでお願いします。